王に奉げる舞踊

王に奉げる舞踊

王に奉げる舞踊
東南アジア広域に伝わる宮廷舞踊。古くから宮廷で演じられてきたマレーシア舞踊、バリ舞踊、カンボジアのアプサラダンスなどがよく知られており、伝統芸能として今に伝わっている。舞踊の中には、神への奉げもの、大衆劇、豊作への祈りとして発展してきたものもある。多くの人々を魅了するその神秘的で優雅な動きは、フランスの著名な彫刻家ロダンもデッサンに残したほどである。
砂像彫刻者:Susanne Ruseler(スザンヌ・ルセラ)オランダ