ロシアの音楽 -チャイコフスキーとバレエ-

ロシアの音楽 -チャイコフスキーとバレエ-

19世紀後半に活躍した作曲家であるチャイコフスキー。「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」などのバレエ作品は、チャイコフスキーの音楽とフランス人の振付によって完成された。それまでは踊りのための伴奏でしかなかったバレエ音楽を、芸術として確立させるべく創作したといわれる。他にも「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」など多くの名曲を後世に残した。その音楽は世界中で愛され、今でも多くの人を魅了している。
砂像彫刻者:Susanne Ruseler(スザンヌ・ルセラ)/オランダ