ロシアの大自然

ロシアの大自然

ロシアの国土の多くをしめるシベリアは、夏と冬の気温差が大きい地域である。オイミャコンでは氷点下50度以上下がることがある一方、夏は30度を超えることもある。シベリア北部の高緯度地帯には樹木の生育が難しいツンドラが広がり、永久凍土層が広範囲に存在する。シベリアには、シベリアオオカミ・トナカイ・オオワシなどが生息している。中でもツンドラに生息しているトナカイは、古くから家畜として飼われ、ソリ引きなどにも重宝されてきた。
砂像彫刻者:Michela Ciappini(ミケーラ・チャピーニ)/イタリア