ルターと宗教改革

ルターと宗教改革

16世紀、キリスト教世界における議会体制の革新をしたマルティン・ルター。厳格な教徒であった彼は、ローマカトリック教会の世俗化、聖職者の堕落などキリストの恵みをないがしろにした行為に不満を抱いていました。そして教会が資金集めの為に贖宥状(教会の権威において罪を軽減するもの)を販売することに対し、九十五ヶ条の論題を掲げて批判しました。
彼はこのことによって異端者として破門されるも、自説の思想と著述に専念し、やがて聖書のドイツ語版を完成させました。その翻訳は一般市民にもわかりやすく、活版印刷技術によって各地に広まりました。これは後にドイツ語の発展、社会改革へとつながっていきました。
砂像彫刻者:David Ducharme(デイビッド・ドゥシャーム)/カナダ