ドイツの文学(ゲーテと「ファウスト」)

ドイツの文学(ゲーテと「ファウスト」)

18世紀後半から19世紀初頭にかけて発表した数々の名著で知られるゲーテ。その著書は当時の社会に大きな影響を与えたといわれます。なかでも代表作といえる「ファウスト」はゲーテの生涯をかけた大作であり、実在したファウスト博士の物語をもとに描かれました。作品は、ファウストがメフィスト(悪魔)と人生の喜びや悲しみ全てを経験できることと引き換えに、死後の魂を奉げる契約をしたシーンを表現しています。
砂像彫刻者:Dmitry Klimenko(ドミトリー・クリメンコ)/ロシア