現代のドイツ

現代のドイツ

現在、EU屈指の経済大国としてその存在感を高めているドイツ。作品右に配置したのはユーロ圏の中央銀行であるEU中央銀行とそのマークで、本部はドイツのフランクフルトにあります。作品中央に配置したのは世界遺産のケルン大聖堂で、多くの観光客で賑わいます。作品左に配置したのはドイツを中心にEU圏の各地をつなぐ高速鉄道ICEで、域内の人的交流拡大の役割を担っています。ドイツは世界屈指のサッカー大国であり、国内リーグのブンデスリーガには多くの日本人が所属しています。人、物、文化が広くヨーロッパまたは世界を行き交う現代において、ドイツはその中心的役割を果たすべく取り組んでいます。
砂像彫刻者:Brad Goll(ブラッド・ゴール)/アメリカ