チチカカ湖と民族

チチカカ湖と民族

ペルーとボリビアの国境をまたがる南米最大の湖チチカカ湖。アンデス山脈のほぼ中央、海抜3812mにあり、船が行き交う湖の中では世界最高所です。インカ帝国発祥の聖地と崇められる“太陽の島”をはじめ、たくさんの島があり、そして多くの民族が暮らしています。中でもウル族はトトラ葦を束ねて作った珍しい浮島に居住しています。人々は湖に生える植物を使い、浮島を巧みに操り、様々な文化を発展させています。青い空と湖に並ぶ黄金色の浮島、赤やブルーのなんとも鮮やかな衣装をまとうウル族。チチカカ湖は今日も一枚の絵のような美しい景色が広がっています。 
砂像彫刻者:Gisele Prata(ジゼル・プラタ)/ブラジル