新大陸発見

新大陸発見

15世紀中頃から始まった大航海時代。当時ヨーロッパにおいて貴重だった香辛料を求め、ポルトガルはアフリカ大陸を南下してインドを目指しました。一方、スペインはクリストファー・コロンブスが提案した西側航路でインドを目指し1492年に中米の西インド諸島に到着しました。このことは新大陸発見としてよく知られていますが、これをきっかけとしてヨーロッパ人がアメリカ大陸に進出することになります。それまで先住民しかいなかったアメリカ大陸にとって大きな歴史の転換点であったと言えます。やがて南米大陸にはスペインが進出していきます。未知の土地を進んでいった結果、彼らはインカ帝国を見つけました。
砂像彫刻者:Pavel Mylnikov(パベル・ミリニコフ)/ロシア