平成23年度手づくり看板全国コンクールの参加砂像【鳥取市福部町】

平成23年度手づくり看板全国コンクール。
毎年全国で趣向を凝らした、地元ならではの看板が制作されているようです。

JA鳥取いなば福部青壮年部の皆さんが、こちらに出場するということで、10月19日に鳥取砂丘情報館サンドパルとっとりから砂像マイスターが指導・アシスタントに出向きました。

今回の砂像の、型枠となる上の部分を慎重にはずします。

砂像マイスターが大まかな指導はしましたが、実際に彫刻を進めていくのは、全て地元の青壮年部の方。

鳥取市福部町に鳥取砂丘があるため、顔ぶれも地元のイベントなどでお会いすることの多い皆さんです。

彫るときも、メンバーの皆さんが平等に全員参加。

上の土台部分から、大地をしっかり踏みしめた足完成です。

砂丘の風紋も、しっかりと彫刻されています。

次に文字の位置の決め方、彫り方などに砂像マイスターがアドバイスしつつ。

こちらも、一人一人が手を加えていきます…

そしてだんだんと完成が近づきます。

皆で力を合わせた砂の手作り看板、完成です。
コンクールの結果がでるのはまだ先だそうですが、楽しみですね。