ピエタ

ピエタ

聖母子像のうち、十字架から降ろされたキリストを抱く母マリア(聖母マリア)の彫刻。沢山の芸術家がピエタを制作しており、中でもミケランジェロが1499年に完成させた、現在のバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂にあるものが有名。砂像彫刻者:茶圓勝彦(チャエン・カツヒコ)日本