姫路城

姫路城

現存する、17世紀初頭の日本の城郭建築を代表する建造物。高度で巧妙な防衛機能を備えた83の建造物で構成される。白亜の城壁の優雅さと、緻密に配置された櫓と瓦の構成など、機能と美をあわせ持つ木造建築の傑作。砂像彫刻者:茶圓勝彦(チャエン・カツヒコ)日本