バーミヤン大仏と石窟

バーミヤン大仏と石窟

2001年、アフガン内戦で爆破されたバーミヤンの大仏とは、2003年に危機遺産に登録されている。破壊前の東大仏は38メートル、西大仏は55メートルの巨大さを誇った。ユネスコなどの主導で復興作業が続いている。砂像彫刻者:張 永康(チャン・ヨンカン)中国