アンコールトム

アンコールトム

東南アジアの重要遺跡であり、周囲の山林地域を併せると約400km2に達する。アンコール遺跡は9世紀から15世紀までクメール人アンコール王朝の首都であり、有名なアンコールワットを含み、数多くの彫刻で飾られたバイヨン寺院など多くの遺跡が残っている。砂像彫刻者:張 偉康(チャン・ウェイカン)中国