馬車の旅

馬車の旅

この時代の音楽家は、自己研鑽や、より良い雇用主(宮廷貴族等)を求めるためにも諸国を旅していました。その中でも、モーツァルトは、6歳からヨーロッパ中を旅し生涯の3分の1を旅についやしました。しかし、その旅は決して楽なものでなく、道路がデコボコのため乗り心地は最悪で、車輪が壊れ横転したり、夜は盗賊の襲撃を受けることもありました。砂像彫刻者:Maksim Bespalov(マクシム・ベスパロフ)ロシア