シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂

ウィーンにあるゴシック様式の大聖堂。ウィーンのシンボルで、「ウィーンの魂」とも言われ、人々はシュッテフル(Steffl)という愛称で呼んでいます。この聖堂を含むウィーン歴史地区は2001年にユネスコの世界遺産に登録されました。モーツァルトとその妻ウェーバー・コンスタンツェの結婚式と葬儀が行われた聖堂としても知られています。砂像彫刻者:Tan Joo Heng(タン・ジョ・ヘン)シンガポール