弦楽四重奏

弦楽四重奏

弦楽四重奏は、通常ヴァイオリン2本、ヴィオラ、チェロ各1本ずつの編成で演奏される室内楽をいいます。
ハイドンは「弦楽四重奏の父」と呼ばれていて、68曲もの弦楽四重奏曲を残しており、ハイドンに刺激を受けたモーツァルトも代表作「ハイドン・セット」など、多くの作品を残しています。ハイドンとモーツアルトは弦楽四重奏を一緒に演奏するなどして交流を深めました。その後、ベートーヴェン、シューベルトなど、多くの作曲家がこのジャンルに曲を残し、現代に至るまで多くの曲が作られ、愛されています。砂像彫刻者:Alexey Dyakov(アレクセイ・ディヤコフ)ロシア