ボロブドゥール遺跡

ボロブドゥール遺跡

ボロブドゥール遺跡
インドネシアにあり、8世紀~9世紀頃にかけて、シャイレーンドラ王家によって建造されたと伝わる、ボロブドゥール遺跡。ピラミッドを思わせるその頂点に巨大なストゥーバが鎮座する世界最大級の仏教寺院遺跡である。やがて、遺跡は密林の中に埋もれ、1814年頃に発見されるまで千年ものあいだ忘れ去られた遺跡であった。その原因は諸説あり、真相は謎のままであるが、1991年に寺院遺跡群として世界遺産に登録されることによって、さらに広く世界に知られることとなった。
砂像彫刻者:Joris Kivits(ヨーリス・キヴィッツ)ポルトガル