影絵芝居 ワヤン・クリッ

影絵芝居 ワヤン・クリッ

影絵芝居 ワヤン・クリッ 
操り人形を用いた影絵芝居は多くの国々にあるが、その中でもよく知られ、インドネシアの伝統文化である「ワヤン・クリッ」。人形の後方から光を当て、その影をスクリーンに投影して演じられる。神事芸能であり、祭りや結婚式などで上演されてきた芝居は、2009年、世界無形文化遺産に登録された。主な演目であるインドの叙事詩は、多くの人をひきつけ、今もなおその神話の世界を伝え続けている。
砂像彫刻者:Yan Lidong(ヤン・リドン)中国