「砂の美術館」とはどんな美術館ですか

砂でつくった像(砂像/さぞう)を、毎年テーマを変えて展示する美術館です。
世界トップクラスの砂像彫刻家が集い、鳥取砂丘のすぐそばでその制作にあたります。
砂像のほとんどが館内に展示されますが、公開制作の砂像など屋外に展示されるものもあります。

毎年、だいたい8ヶ月~9ヶ月ほどの展示期間ののち、新たな砂像を制作する準備のため休館の期間に入ります。
詳しくは【営業案内】のページをご参照ください。