ロシアイコン

ロシアイコン

イコンとは、イエス・キリストや聖人、天使、聖書の内容、などを描いた絵のことをいい、その多くは平面に描かれる。ロシアイコンはロシア正教の象徴的なものでもあるが、イコンそのものが信仰の対象ではなく、イコンに描かれている世界そのものが信仰の対象である。イコンの中でも作品中央に配した「ウラジーミルの生神女」は最も有名なイコンの一つである。
砂像彫刻者:Leonardo Ugolini(レオナルド・ウゴリニ)/イタリア