近畿高等学校総合文化祭にて砂像制作

11月15日(日)、近畿高等学校総合文化祭の美術・工芸部門のいっかんとして
砂の美術館敷地内にて、砂像制作が行われました。



当日は曇り空で、雨がぱらつくこともありましたが
とても賑やかな交流とともに、それぞれが協力しあい砂像を完成させました



砂像は立体的なものとなりますので
1つの砂像土台を複数人で彫刻していくことは、なかなか難しいものなのですが・・・



それぞれが見本を見ながら、とても上手に彫刻をされていました。