カジュラホ寺院の壁画

カジュラホ寺院の壁画

カジュラホ寺院群は9〜13世紀に中央インドのチャンデーラ王朝により建設された。約20の寺院は三つに分類され、それぞれヒンズー教、ジャイナ教に属する。建築と彫刻が完璧な調和を成しており、中でもカンダリヤ寺院は華麗な彫刻に囲まれたインド芸術の最高傑作である。砂像彫刻者:Sudarsan Pattnaik(スダサン・パタナイク)インド