街角の風景

街角の風景

18世紀末のウィーンは、ヨーロッパの音楽の都として栄えました。それを支えたのが教養豊かな貴族やブルジョアなど上流階級の人々でした。祝祭日になると、その人々は社交のため広場に集まりました。広場では市が開かれ、庶民の生活も支えられて、街は活気づきました。砂像彫刻者:Jill Harris(ジル・ハリス)アメリカ/Thomas Koet(トーマス・クォート)アメリカ