ザンベジ川の探検

ザンベジ川の探検

ザンベジ川はアフリカ南部を流れインド洋に注ぐ大河です。19世紀、暗黒大陸と呼ばれていたアフリカの内陸はまだ未開の地でした。内陸部の地図を作る為には大河の水源と流路を確認することから始めなければなりませんでしたが、様々な病気や野生動物など探検は困難を極めました。特にザンベジ川は体長6mに達するナイルワニが多く生息する危険な川でした。1855年、宣教師・探検家であるリヴィングストンは、このザンベジ川中流で「ヴィクトリア瀑布」を発見しました。
砂像彫刻者:Richard Varano(リチャード・ヴァラノ)アメリカ