鉱山の様子 ~資源の魅力と過酷な労働~

鉱山の様子 ~資源の魅力と過酷な労働~

1860年代に南アフリカで金とダイヤモンドの鉱脈が発見されゴールドラッシュが始まりました。この作品左上の女性はそのダイヤモンドの象徴です。鉱山で働く白人と黒人の職種区分を統一する「鉱山・労働法」が制定されるまでは、裕福な白人が黒人を支配し、鉱山労働者は劣悪で厳しい労働環境に置かれていました。中央の模様はアフリカの民族の豊かな伝統を表しています。これを、現地の労働者に壊させている様子を表しています。
砂像彫刻者:Kevin Crawford(ケビン・クロフォード)オーストラリア