鳥取砂丘 砂の美術館プロデューサー紹介

tyaen-smp

茶圓勝彦(ちゃえんかつひこ)


鹿児島県南さつま市出身。武蔵野美術大学卒業。
鹿児島県「吹上浜砂の祭典」にて総合プロデュース。
鳥取市「砂の美術館」にて総合プロデュース。
鳥取市「世界砂像フェスティバル」にて総合プロデュース。
WSSA主催砂像世界選手権シンガポール大会にて優勝。
その他各種砂像選手権大会に参加し入賞。
イタリア、シンガポール、オランダ、ドイツ、中国等にてエキシビションに参加。
イタリア・トリノオリンピックコマーシャル砂像制作。
小澤征爾指揮の「東京オペラの森2007」では、上野公園にて砂像制作。
2008、2009年「OSAKA光のルネサンス」において大阪・中之島で砂像制作。
2011年鳥取市・第31回全国豊かな海づくり大会で「天皇皇后両陛下お出迎え砂像」「ウェルカム砂像」制作。
ニューズウィーク2009年7月8日号にて「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。
2015年「スター・ウォーズの覚醒」映画公開記念、世界初ルーカスフィルム公認、ウォルト・ディズニーがデザイン監修の砂像を制作。

01-smp

吹上浜砂の祭典 鹿児島南さつま市

「吹上浜砂の祭典」は、鹿児島県加世田市(現、南さつま市)で加世田市の市民が、
地元の美しい砂浜を活かして町おこしをしたいという熱い思いから日本初の砂像イベントとして1987年に第一回目が開催されました。
以降毎年開催(平成14年度は休止)されている由緒ある歴史を持っています。
日本三大砂丘「吹上浜」の砂で制作される出展作品は大小80作品以上、世界の砂像彫刻家から地元有志、地元小中学校生徒達などが砂像制作にあたり、1000人以上のボランティアが協力、市全体で取り組む大型イベントです。
全国に支部のある日本砂像連盟の本部も置き、まさに日本における砂像のパイオニア的存在です。


02-smp

世界砂像フェスティバル 鳥取市

世界砂像フェスティバルの様子。


03-smp

鳥取砂丘砂の美術館 鳥取市

「鳥取砂丘砂の美術館」は、鳥取市福部町で2006年に第1期展示が開催され、現在に至ります。
日本で唯一「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館です。第1~3期は野外での展示でしたが、第4期より全天候型の建物での開催となりました。
砂像彫刻家兼プロデューサーとして国内外で活躍し「世界が尊敬する100人の日本人」に選ばれるなど、現在注目を集める茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、毎年海外各国から砂像彫刻家を招いて世界最高レベルの砂像を展示しています。

04-smp

「関羽」~中国伝説の戦士~ 2008年 イタリア

05-smp

「ダンテの神曲より」2009年 イタリア

06-smp

「砂漠の民II」2009年 鳥取・鳥取砂丘砂の美術館

 

07-smp

「都会に舞い降りた天使の物語Ⅱ」2009年 大阪・OSAKA光のルネサンス

08-smp

「ピノキオ」2010年 イタリア

09-smp

「ツタンカーメン」2010年 鹿児島・吹上浜砂の祭典

 

10-smp

「キリスト誕生の物語」2010年 イタリア

11-smp

「砂漠の民Ⅲ・アフリカ」2010年 鳥取・鳥取砂丘砂の美術館

12-smp

「リュートを弾く道化師(ハルス作)」2010年 オランダ

 

「イギリスの伝説~アーサー王~」2011年 鳥取・鳥取砂丘砂の美術館

「世界の偉人・アウンサンスーチー」2012年 鳥取・鳥取砂丘砂の美術館

「白い象の伝説」2012年 鳥取・鳥取砂丘砂の美術館

 

「岐路に立つ勇士 イリヤ・ムーロメッツと三つの旅より」2014年 鳥取・鳥取砂丘砂の美術館

「ドイツ再統一の象徴、ブランデンブルグ門~25周年モニュメント~」2015年 鳥取・鳥取砂丘砂の美術館

「スターウォーズ砂像」2015年 鳥取・砂丘市営駐車場

 

「リオデジャネイロ-オリンピックに向けて-」2016年 鳥取・鳥取砂丘砂の美術館