ロシアの科学技術 -宇宙開発-

ロシアの科学技術 -宇宙開発-

ソビエト連邦時代を象徴する宇宙開発。1961年のガガーリンによる有人宇宙飛行や、1966年の探査機(ルナ9号)の月面着陸など、多くの成果を残した。その宇宙開発は、ソビエト連邦解体後、ロシアとウクライナに引き継がれることになった。宇宙開発の他にも、イワン・パブロフによるパブロフの犬と呼ばれる条件反射の実験など、世界に知られ、世界をリードしてきた研究や実験、科学技術の数々がソビエト連邦時代から現代まで受け継がれている。
砂像彫刻者:Niall Magee(ナイル・マギー)/アイルランド