世界初、「砂」を素材にした彫刻作品を展示する美術館。

01-b
02-b
03-b

自然が気の遠くなるような年月を経て作り出した造形美である「烏取砂丘」。

そこに、人の力で新たな造形美を創り出し、この地を訪れる人に今までにない感動と感激を与えたい。そんな思いが現実となり、2006年11月18日に「砂」を素材にした彫刻作品である「砂像」を展示する「砂の美術館」を開館しました。


砂像彫刻家兼プロデューサーとして国内外で活躍している茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、毎年海外各国から砂像彫刻家を招き、世界最高レベルの砂像を展示しています。

第1期展示(テーマ/イタリア・ルネサンス)は完全な屋外で展示をおこないました。その後、第2期展示(テーマ/世界遺産・アジア編)、第3期展示(テーマ/砂で世界旅行・オーストリア編)、第4期展示(テーマ/砂で世界旅行・アフリカ)と3回の展示を仮設のテントでおこないました。

そして2012年4月、世界初となる砂像のための展示施設を整備し、新たな「砂の美術館」が誕生。屋内での初の展示となった第5期は「砂で世界旅行・イギリス編」を行い、第6期展示「砂で世界旅行・東南アジア編」、第7期展示「砂で世界旅行・ロシア編」を経て、2015年4月より第8期「砂で世界旅行・ドイツ編」。2016年4月16日~2017年1月3日は「砂で世界旅行・南米編」を開催しています。


砂の美術館は、「砂で世界旅行」を基本コンセプトとし、毎年テーマを変えて展示を行なっています。会期が終われば、砂像はもとの砂にかえっていきます。限られた期間しか存在することができない砂像。その儚くも美しい造形を創り上げる為に、砂像彫刻家は情熱を注ぎ込みます。

永遠に残らないがゆえの美しさが、砂像のもつ大きな魅力の一つなのです。

出来上がった作品の精巧さや迫力はもちろんのこと、決まった場所に限られた期間しか存在できない砂像の持つストーリーを感じながら鑑賞して頂けたら、より砂像の魅力を感じて頂けると思います。



第1期展示
「イタリア・ルネサンス」

05-b

2006年11月18日~2007年1月3日

レオナルドダビンチの絵画「受胎告知」やミケランジェロの彫刻「ピエタ」などを作品モチーフに、7体の砂像を制作展示。
茶圓勝彦氏とレオナルド・ウゴリニ氏が制作にあたり、地元のふくべ砂像研究会も制作に参加した。

第2期展示
「世界遺産・アジア編 ~アジアの風にのって~」

142tirasi-b

2008年4月26日~2009年1月3日

インドの「タージマハル」や中国の「万里の長城」「兵馬俑」、日本の「姫路城」などを作品モチーフに12体の砂像を制作展示(公開制作1体含む)。
茶圓勝彦氏をプロデューサーとし、海外から7名の砂像彫刻家が参加し、制作にあたった。

第3期展示
「砂で世界旅行・オーストリア編 ~貴族文化と音楽の都を訪ねて~」

07-b

2009年9月18日~2010年1月3日

「ベルヴェデーレ宮殿」「シュテファン大聖堂」など、オーストリアの豪華絢爛たる建造物や、モーツァルトやハイドンといった偉大な音楽家達、オーストリアの貴族文化を作品モチーフに、10体を制作展示。
茶圓勝彦氏をプロデューサーとし、海外から10名の砂像彫刻家が参加し、制作にあたった。

第4期展示
「砂で世界旅行・アフリカ ~偉大なる大陸の歩みを訪ねて~」

08-b

2010年4月29日~2011年1月10日

「アフリカの野生動物」「サファリ」などアフリカ大陸の雄大な自然やそこに刻まれてきた様々な歴史・歩みを表現した11作品を制作展示。
茶圓勝彦氏を総合プロデューサーとし、海外から11名の砂像彫刻家を招いて制作。

第5期展示
「砂で世界旅行・イギリス編 ~語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り~」

09-b

2012年4月14日~2013年1月6日

大英帝国の繁栄や王室の歴史、その象徴となる建築物など、16作品を全天候型の屋内施設にて展示。
茶圓勝彦氏をプロデューサーとし、海外から15名の砂像彫刻家を招いて制作。

第6期展示
「砂で世界旅行・東南アジア編 ~王朝の栄華とよみがえる神秘の国々~」

142pix2_b

2013年4月20日~2014年1月5日

「アンコールワット」や「歓喜の行進」など栄華を誇った王朝の姿、発展を続ける現代の東南アジアの姿など21体の砂像を制作展示。
茶圓勝彦氏をプロデューサーとし、海外から17名の砂像彫刻家が参加し、制作にあたった。

第7期展示
「砂で世界旅行・ロシア編 ~大国の歴史と芸術の都を訪ねて~」

第7期展示「砂で世界旅行・ロシア編 ~大国の歴史と芸術の都を訪ねて~」

2014年4月19日~2015年1月4日

「クレムリンとワシリー大聖堂」や「エカテリーナⅡ世」などを作品モチーフに、ロシアの歴史や芸術を表現した23体の砂像を制作展示。
茶圓勝彦氏をプロデューサーとし、海外から19名の砂像彫刻家が参加し、制作にあたった。

第8期展示
「砂で世界旅行・ドイツ編 ~中世の面影とおとぎの国を訪ねて~」

第8期展示「砂で世界旅行・ドイツ編 ~中世の面影とおとぎの国を訪ねて~」

2015年4月18日~2016年1月3日

「ドイツのお城」や「グリム童話」などを作品モチーフに、ドイツの美術や童話の登場人物などを表現した23体の砂像を制作展示。
茶圓勝彦氏をプロデューサーとし、海外から19名の砂像彫刻家が参加し、制作にあたった。